「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】

 「EaseUS Todo Backup」にて、パソコンのシステムバックアップを行った。次にこのバックアップファイルを使って、パソコンの環境を復元する。

謝意

記事の執筆にあたりEaseUSさまからライセンスをいただきました。ありがとうございます。

EaseUS® Todo Backup Free - Windows用の無料データバックアップソフト
【EaseUS(イーザス)公式サイト】Windows 11にもご対応!EaseUS Todo Backup Freeは無料であなたのデータをコンピュータ、ハードドライブ、ネットワーク、CD / DVDなどの複数の場所までもバックアップできるソフトウェアです。

パソコンの復元はクリックするだけ

 EaseUS Todo Backupにて、NASに保存したシステムバックアップ(フルバックアップ)を行い、そのファイルを使って環境を復元する作業だが、迷う事なく進んだ。1時間もあれば足りるだろう。

 NASに保存したファイルから復元する場合、有線LANのドライバが必要だ。しかし、このドライバは、復元の際にパソコンを立ち上げる「ブータブルディスク」に含まれているようで、別途、ダウンロードする必要はなかった。

 また、ほとんどがマウスの操作で復元できた。今回はNASのファイルから復元したため、ログインのアカウントとパスワードを入力した。しかし、外付けのUSB接続のHDDを使った場合は、ログインのためのアカウントとパスワードは必要ない。

 パソコンにより大きく異なると思われるが、バックアップを復元したパソコンには、256GバイトのSSDに149Gバイトのデータを保存している。ファイルの転送を開始して終了するまで42分46秒。操作をすることを考えると、おおよそ1時間で復元ができた。

ブータブルディスクは必ず作る

 Windowsの「システムの復元」で復元できない場合。パソコンが起動できないほどの障害が起きていると考えられる。Todo Backupのシステムバックアップから復元するためには、トラブルが発生したHDDやSSD以外のメディアでパソコンを起動させる必要がある。それが「ブータブルディスク」だ。

 このブータブルディスクは、イメージファイル(ISOファイル)、USBメモリー、CD-Rのいずれかのメディアで作成できる。Windowsベースの場合は600Mバイト、Linuxベースは55.2Mバイトと非常に小さい。最近は、CDやDVDのドライブがないパソコンも多いため、USBメモリーをブータブルディスクにするのがおすすめだ。

 なお、ISOファイルへの出力はおすすめできない。そもそも、ブータブルディスクが必要となるのは、パソコンが起動しないような場合だ。その状態では、ISOファイルをUSBメモリーやCD-Rに書き込めない。CD-Rまたは、専用のUSBメモリーをブータブルディスクとして事前に用意した方がいいだろう。

 また、とりあえずISOファイルを出力して、後日、USBメモリーやCD-Rなどに書き込もうとすると、忘れることがある。そのため、このタイミングでブータブルディスクを作ると忘れることはないだろう。

手順

1.「ブータブルディスクの作成」をクリック

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 7

2.「WinPEブータブルディスク」 → USBメモリーのアイコン → 「作成」

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 8

3.「選択したデバイスはフォーマットする必要があります。続行しますか?」 → 「OK」

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 9

バックアップからの復元作業はクリックするだけ

 このようにして作成したブータブルディスクを使って実際にパソコンを復旧させる。今回は、NASのファイルを使ってパソコンを復元した。そのため、NASにログインするためのIDとパスワードを入力した。それ以外は、クリックするだけだ。

1.USBメモリーまたは、CD-Rのブータブルディスクをパソコンにセットして、そのメディアから起動させる。この方法はパソコンによって異なるので、説明書などを参照する。また、パソコンに接続するのは、復元するHDDまたはSDDだけにする。

2.起動画面。読み込みが終わるまで多少、時間がかかる。

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 10

3.「参照して復元」をクリック

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 11

4.今回はNASに保存したシステムバックアップを使用する。「参照して復元」のウィンドウで「NASデバイス」 → 「+NASデバイスを追加」をクリック

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 12

5.「NASデバイスを追加」にて、「Nas IP/名前」「表示名」、「資格情報を入力し、NASに接続して下さい」には「ユーザー名」と「パスワード」を入力して、「OK」をクリック

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 13

6.接続したNASに保存しているシステムバックアップのファイルを指定し、「OK」をクリック

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 14

7.システムバックアップでファイルを展開するディスクを指定する。ドライブがいくつか表示されるので「次へ」をクリック

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 15
「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 26

8.システムバックアップで復元させるドライブを指定する。今回は「ハードディスク1」。チェックを入れて、「実行」をクリックすると、パーティションが上書きされるという注意書きを読み「はい」をクリック。

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 16
「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 27

9.ディスクの初期化などが実行される

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 17
「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 28

10.終了。バックアップに要したのは42分46秒

「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 18
「EaseUS Todo Backup」でバックアップ【2.パソコンを復元】 29
EaseUS Todo Backup Archives buyTech
「EaseUS Todo Backup」の記事一覧です。